コストダウンの秘密!

大まかな原価を公表

~他社では見分けがつかない表現も~

認定率だけではありません!

他社との違いはここにもあります!

まず、1として

※事務処理に要する目安となる日数から算出した成功報酬の見込み額

1.シンプルプラン▶1日半~2日を限度
1日の経費5万円×上記の日数=7.5万円~10万円(成功報酬の見込み額)

2.通常プランの場合▶4日~5日を限度
1日の経費5万円×上記の日数=20万円~25万円(成功報酬の見込み額)

※従業員のいない一人事務所だからできることです!

そして、2番目には

※契約時における事務手数料の積算内訳

主としてレターパックプラス費用です。

※レターパックプラス使用の理由

 ・速達扱い

 ・手渡しで受領印

 あなたの大切な書類だから

   「早く&安心」

1.シンプルプラン(税込11,000円)
▶レターパックプラス費用
契約1件当たり(1往復分、520円×2)×6~10回=6,120円~10,400円
残金4,880円~600円

2.通常プランの場合(税込22,000円)
▶レターパックプラス費用
契約1件当たり(1往復分、520円×2)×12~16回=12,480円~16,640円
残金9,520円~5,360円

※他社の場合は、普通郵便利用、あるいは依頼者より「消耗品」等の名目で別途徴収しています!

続いて、3番目には

※さらにはこんなところにも違いが・・・!

(例)成功報酬の中身が・・・!?

〇〇障害年金相談センター

事務手数料 22,000円(税込)+報酬(下記のとおり)
※事務手数料は契約時に、報酬は障害年金を受給した時のみ請求します。
(報酬は①,②,③のいずれか、高い金額)
①年金の2.2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税込)
②遡及(認定日請求)の場合は①に加え、初回年金入金額の16.5%(税込)
③110,000円(税込)

※一見すると同じですが・・・

⬇にご注目!

②遡及(認定日請求)の場合は①に加え、初回年金入金額の16.5%(税込)

※「遡及」は、当事務所では「遡及請求」のことを意味しています!

障害年金の「遡及請求」とは、「障害認定日」から1年以上経過した場合の請求のこと。

※当事務所では「遡及請求」でなく「障害認定日請求」であれば、上記の場合、①のまま、つまり「①に加え、初回年金額・・・」はいただきません!

物価等の上昇、賃上げ等の影響により、地方においては、このような一般の方には見分けが付かないような「実質値上げ」がとても増えております。(このサイトの事務所も以前は当事務所と同じでした。)

そして、4番目として

※また・・・!

(例)事務手数料33,000円、成功報酬3ヶ月分(税別)!?

都市部を中心にして、値上げをしているところが多くなってきました。(賃上げや物価上昇の影響でしょうか。四国でも存在します。)

当事務所の場合、シンプルプランでは「事務手数料11,000円、成功報酬1ヶ月分(税別)」

通常プランでも、「事務手数料22,000円、成功報酬2ヶ月分(税別)」でお任せいただけます!

しかも、「全国対応」、料金は同じです!

以上のように

当事務所の場合では、障害年金に強いこだわりを持っています!

それは、社労士である私自身が、難病やうつ病等により障害年金のお世話になってきたからです。

恩返しの気持ちを込めて、障害年金のことで同じ悩みをかかえるみなさまを支えたいと思います。

そのため

できることは「できる!」
できないことは「できない!」
ハッキリした言葉で曖昧な返事をしません!

それは、自分に自信があるからです。

また、八方美人ができない自分のせいでもあります。。。🙇

このことが合わない方、お嫌いな方はどうぞ他社をお勧めいたします。。。🙇

それは、途中で手続きが進まなくなると困るからです。

中途半端な仕事はやりたくありませんから。

そうではない方はどうぞおまかせください!🙋

当事務所では、現在、障害年金について、出版されている書籍はほぼ全て揃っており、日夜研鑽に励んでおります。

最大、他社の50%の費用、障害基礎年金なら総額8万円少々で。年金機構との対応も万全。障害年金の申請を考えるあなたのご不安を解消します!

ご安心ください!
費用のご心配、認定されるどうかのご不安
▶私が全て解消いたします!

2024/6/8